便利ズームの比較

NIKONボディ用に便利ズームを考えていて、候補に挙がるのが「TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD(B008)」と「SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」の二本。
テレ端で20mmほどSIGMAの方が短い他は見た目は同等のスペック。
TAMRONのB008は出た当初から話題になっていたらしいレンズだけど、ネット上で評価を見て行くとSIGMAの方が新しいためか高い評価を受けている模様。
人によっては実写で周辺の解像度を比較している人もいて、それを見るとSIGMAの圧勝。
さらにB008はミラーショックの大きいボディではVCで補正しきれず、特にテレ端では手ブレ写真を量産するという感想もあった。
その辺SIGMAはどうなのかが書かれていないので不明だけど、既にB008はVCではミラーショックを補正しきれないという話があるので、SIGMAが同じであったとしても劣るとは考えにくい。
となるとSIGMAが全体的に有利と言うことになるのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す