「ゴルフ”R”ヴァリアント」

ちょっと前の話になるが、フォルクスワーゲンから「ゴルフRヴァリアント」が発表&発売になった。
名前の通り「ゴルフヴァリアント」の”R”版で、280ps&38.7Kgmを発生する2Lターボエンジンを搭載し、ミッションは6速DSGとなっていて駆動方式は4MOTION(4WD)。
車体サイズはベースとなる「ゴルフR」に比べ全長が320mm延ばされ4595mmとなり、全幅&全高は1800mm&1465mmで変更なし。
価格は559万円で国産車のステーションワゴンに比べればかなり高価だけど、スペックから考えると順当か?
これで燃費はJC08モードで14.2Km/Lと悪くない(スバルの「レヴォーグ」は13.2Km/L)。
全幅以外は5ナンバーサイズに収まるステーションワゴンとしては悪くない選択肢かも。
#その全幅が1800mmということこそが問題だとは思うけど(汗)。

フォルクスワーゲングループジャパンの社長は
「アウトバーンを250Km/hで巡航できます。」
と誇らしげに言ったらしいが、日本国内で出せる速度なんて法的には100Km/hまでなのに、250Km/hで巡航できるのは無駄でしかないのでは?
サーキットにでも持ち込めば200Km/h以上の速度を出せるかもしれないけど、サーキットに行くような人がステーションワゴンを買うというのも考え難い。
まぁ「ゴルフヴァリアント」のフラッグシップとしての存在ということのみがこの車の存在価値なのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す