しっかりしてよー、メンドーサ

札幌ドームで日本ハム対ロッテの試合が行われている。
ファイターズが大谷の犠牲フライで先制するも7回にロッテが2点を取って逆転。
その後も無死二塁で送りバントを決められ一死三塁。
その次のバッターはスクイズを試みたが、打球は投手メンドーサの正面に。
ここはメンドーサが見事なグラブトスを見せて本塁タッチアウト、打者走者も一塁でアウトにして追加点を与えずにこの回を凌いだ。

次の八回には先頭打者を出してしまい、その後連打を浴びて2点を取られたところで走者二人を残して降板。
後を引き継いだ藤岡もタイムリーを浴び2点を失い、ここで1-6と大量リードを与えて万事休すか。
7回と8回の攻撃も淡白でいずれも三者凡退と反撃もならず敗色濃厚。

7回表からしか観ていないけど、先発のメンドーサはとにかく制球が悪すぎ。
よくこれで6回まで無失点で来られたなと思うほど。
大量点を与えた8回はカウントを悪くした後で中に入る球を打たれると言う典型的な悪いパターンで点を取られた。
次回までには修正してもらいたいと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す