「smc PENTAX-F 1:4-5.6 35-80mm」

ジャンクレンズを漁りにハードオフに行ったところ、ジャンクカメラの箱に「smc PENTAX-F 1:4-5.6 35-80mm」が入っていた。
見たところ前玉の前の飾り板が外れていたけど、光学系は綺麗なものでせいぜい前玉が若干汚れていた程度。
飾り板が外れていたのでジャンク扱いだったのかな?
値札が取れてしまっていたけど店員さんによると「540円(税込み)です」とのこと。
店員さんにお願いして試させて貰ったらAFも絞りもきちんと動作したので、とりあえず購入した。
先日別のお店で購入した「smc PENTAX-FA 1:4-5.6 28-105mm PZ」は凝ったズーム機構のせいか少々大きく、日常的に付けておくには向かないが、こちらのレンズは小ぶりなので付けっぱなしにしておくには良いかも。

同じ箱に「REAR CONVERTER K T6-2X」というテレコンも入っていて同じく540円だったので、一緒に救出してきた。
これがあれば手持ちの「smc PENTAX-M 1:3.5 135mm」が270mm相当(35mm換算では405mm)となるので、暗くはなるけど望遠レンズとして使えるかなー?と。
こちらも光学系は綺麗なもので、何故ジャンク箱に入っていたか不思議なくらい。
まぁ電子接点の無い代物なので、AFもAEも効かなくなるし(絞り優先AEのみ)F値も2段暗くなるということなので、日常的に使うものでは無いよなぁ(汗)。
それでも三脚固定で星空を撮るのには使えると思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す