More from: PENTAX

リコーが「PENTAX K3-III」を正式に発表した

先日価格等の情報がリークしたリコーのAPS-C一眼レフのフラッグシップ「PENTAX K3-III」が正式に発表された。
発売は4/23で既にショップでは予約の受付が始まっている。
価格はボディのみでおよそ25万円、バッテリーグリップ等が含まれるプレミアムキットでおよそ29万円となっている(ともに最安値)。

比較するのも変だけど、同程度の価格でフルサイズの「K1 MarkII」にレンズとバッテリーグリップの付いたセットが買えるんだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-3II」が入ってる・・・

市内の中古カメラショップにリコーの「PENTAX K-3II」が入荷している。
既に後継機の「K-3III」の発売が予定されていて製造が終了している旧機種にはなるが、今でも十分(以上)に使えるカメラ。
GPSレシーバー搭載でアストロトレーサーも使えるので個人的にもちょっと欲しかった機種。
価格もかなりこなれてきているなぁ・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】PENTAX K-3II ボディ
価格:72800円(税込、送料無料) (2021/3/25時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

PENTAXだな・・・

先日久々にアニメ「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」の最終話を観た。
この回は全体的に「うる星やつら」の劇場版の第二作「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」のパロディとして作られている(サブタイトルもパクりだし)。
基になった映画が好きなのでこの回も何度か見直しているが、何度見ても面白い(笑)。
そんな中で途中で響子がレオパルドIIの上でいじっていたカメラ(一眼レフ)に目が留まった。
モデル名とかの描写は無いので具体的にモデルになった機種は判らないし全体的なデザインは適当だが、マウント部の端子から見るとPENTAXシリーズの機種だと思われる。
いや、ただそれだけなんだけどね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーが「PENTAX J Limited 01」を発表

リコーがデジタル一眼レフのフラッグシップ機「PENTAX K-1 MarkII」のカスタムモデル「PENTAX J Limited 01」を発表した。
現行モデルとしては同社唯一のフルサイズ機をカスタムパーツや専用の塗色でドレスアップし、USERモードに写真家協力のもとあらかじめスペシャル設定を設定してある。
一部マニアの物欲を刺激するモデルだねぇ・・・

生産は完全受注生産で価格は最安値で30万円強となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

PENTAXの新型APS-C機にアイセンサーが付くようだ

以前から噂になっているPENTAXの新型APS-Cフラッグシップ機の情報が小出しに出てきている。
今回はファインダーの見易さに関することと、アイセンサーの搭載に関してだった。
ファインダーにはかなり拘っているというのは以前から言われていたが、アイセンサーの役割に関しては今回ようやくはっきりとした。
用途はファインダーを覗く際に背面液晶をオフにすることだそうで、これは他社のカメラと同じだ。
驚いたのはPENTAXがこの機能を搭載するのは初めてということ。
他社ではかなり前からエントリークラスにも搭載している(私の持っている2008年発売のNikonの「D60」にも搭載されている)機能なんだけど、PENTAX(リコー)は今まで採用してこなかったのには特別な理由でもあったのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーのAPS-Cフラッグシップ機は間もなく発表か?

カメラ情報サイトにリコーのAPS-Cフラッグシップ機がFCC認証を通過したので発表が間近と思われるとの情報が掲載された。
APS-Cフラッグシップ機と言うとK3-II後継機?と考えてしまう。
PENTAXのAPS-Cモデルと言うと先の「K3-II」は既に生産を終了しており、他に現行機として「KP」及び「K-70」がある。
「K3-II」に関しては以前から後継機の開発がされているとの確度の高い噂が流れており、今回の情報もそれを裏付けるものと考えて良いと思う。
このところ新型一眼レフ機の発表の無かったPENTAX(=リコー)だけに期待されているだろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「K-3」が入っていたのか

市内の中古カメラショップにPENTAXのAPS-C機「K-3」が入荷していた。
前モデルの「K-5IIs」同様にローパスフィルターレス機なので以前から気になっていた機種。
価格もかなりこなれていたので即座に売れてしまったらしいのがちょっと残念だな(汗)。

別のショップには同じくローパスフィルターレスの「K-S2」が入荷していて、こちらはまだ残っているようだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「SFX」が入っている

市内の中古カメラショップにPENTAXの「SFX」が入荷している。
ペンタ部のデザインが角ばっていてユニークな外観のカメラで面白そうだけど、今更フィルムカメラには戻れないからねぇ(汗)。
時々ハードオフのジャンクコーナーにも並んでいるな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ペンタの「11-18mm F2.8」

リコーから2月に発売になった超広角ズームレンズ「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW」がなかなか良いらしい。
APS-Cのボディだと35mm換算17-27.5mm相当となるがこの画角で全域F2.8の明るさは魅力的。
実売で16万円弱のレンズなので手を出せないけど良いなぁ、、、(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコー(PENTAX)もミラーレスを検討?

リコーのカメラ開発者が今後の開発に関して
「ミラーレスも検討していきたい」
と回答したようだ。
昨年はNikonとCanonが、今年に入りLマウントアライアンスのPanasonicがフルサイズのミラーレス機を発表&発売していて、世の中の流れはミラーレスに向いている。
そこに一眼レフメーカーであるリコーが参入するのか?というところなんだけど、先の回答からはいろいろ考えられる。
実際問題としてフルサイズ機の「K-1」用のレンズのラインアップも揃っていない状況で新マウントを開発するリソースは無いんじゃないだろうか?
Kマウントのままミラーレス化(K-01の様な)という手もあるが、それだとミラーレス化による恩恵(ショートフランジバック)が受けられない。
かと言ってマウントを新規に開発するには先にも書いたように開発リソースが足りない(Kマウントレンズですら新製品が出ていない)。
この状況でミラーレスの新規開発にはメリットよりもデメリットが多く、光学関連で損失を出している(工場移転等もあったけど)リコーが開発資金を投入するのは無謀かと。
あるとすれば他社のマウントを採用してレンズ開発の負担を避けるという手段かなぁ?
そうなるとLマウントアライアンスに参入?
うーん、どうだろう???

←クリックしてくれると嬉しいです。