ネッツ店の反抗か?

トヨタの自動車販売店は4系列に分かれている(ネッツ店、カローラ店、トヨタ店、トヨペット店)。
そしてメーカーであるトヨタの直営店舗はほぼ存在せず、別法人がトヨタと契約して販売権を得て営業している(トヨタに限った話では無いが)。
少し前の話になるが、この4系列のうちネッツ店の連合がトヨタに対して
「アクアの販売権を返上するからヴィッツのハイブリッドを出して欲しい」
と要望したらしい。
「アクア」はヴィッツをベースに作られたハイブリッド車なので、見た目はヴィッツとは異なるがハイブリッドコンパクトカーで、(価格を除けば)ヴィッツのハイブリッドバージョンと言えなくもない。
だが販売は4系列全てで行われており、ネッツ店の専売モデルではない。
トヨタで最も台数が売れている車なのはこの辺にも理由がある。
どのお店でも買えるということは、別にネッツ店に行かなくても買えるということ。
なのでネッツ店としては専売のモデルで、しかも競争力のあるハイブリッド車が欲しいということだ。
元々ホンダのコンパクトカー(フィット等)の販売網に対抗するために作られたのがネッツ店なのだから、現在販売している車も併売しているモデルを除くと「ヴィッツ」をはじめとする小さめの(安めの)車が多く、利幅の大きいのは「ヴェルファイア」くらいしかない。
ここに「ヴィッツハイブリッド」が出れば売れるのは間違いないので、そんな車を扱わせて欲しいということになると思われる。
さすがに他の系列で「アクア」を売るのをやめて欲しいとは言えないだろう。

が、現在トヨタでは販売系列の再編成を目論んでいるようで、今回の要望は系列の再編成に対する反対意見という意味合いもある。
系列を組むと言うのは悪いとは言わないが、トヨタほど大きな販売網となるといろいろしがらみがあるということだ。

購入する側の意見としてはどの店舗でも扱い車種が同じ方が選びやすくて良いと思うんだけどねー。
でもそうなると現在の店舗展開では店舗間での販売合戦が起きて、体力の無い(値引き額の小さい)店舗は淘汰されて行くことが予想される。
メーカーとしてはどの販売店も切り捨てるわけには行かないだろうから、万が一つぶれそうになった販売会社があると救済することになり、余分な経費がかかることになる。
そんなことはしたくないから系列を無くすことはしないんだろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す