マイクロソフト、最新版のWindowsを来月にも発表か?

一部メディアで米マイクロソフトが来月(9月)下旬にWindowsOSの最新版を発表する見通しであると報道している。
名称は「Windows9」となる公算が大きく、発売は来年(2015年)始めと予想されるとのこと。
現行OSである「Windows8」が発売されたのが2012年10月(一般向け販売)なので、それから僅か2年足らずでの新バージョンの発表となる。
とはいえ「Windows VISTA」の発売から次の「Windows7」の発売までの間隔は2年と9ヶ月なので、それほど短いわけでも無いか。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2014 年 8 月 22 日 at 2:03 PM -

    ここ最近は、SA(サービスアシュアランス)の関係で2年でメジャーバージョンアップする方針のようですね。有り難いような、有り難くないような。
    (私はSA契約者)

  2. tan

    on 2014 年 8 月 22 日 at 4:52 PM -

    >千歳さん
     新しく出したOSが安定するのに1年以上もかかるわけですから、2年てのは少々短いように思いますけどねぇ、、、

コメントを残す