今年(2014)のRSR その22

サンステでの「レキシ」のステージの後は「カーネーション LOVES 森高千里」を観る為にそのままレッドに移動。
この頃には空もすっかり晴れ上がり直射日光がガッツリ当たるという状態。
しかもレッドスターフィールドは西向きなので、この時間(16:40から)は観客の右後方からステージに向かって日が差すということになり、アーティストにも直射日光が降り注ぐことになる。
そんな中で始まったステージは最初カーネーションだけで進行し、観客の一部が「森高はー!?」と騒いで煩かった(もうちょっと考えろよなー)。
予定時間の半分ほどが過ぎたところで森高千里が登場すると観客は凄く盛り上がったけど、これってカーネションのメンバーに失礼では?とあらぬ心配をしてしまった。

それにしても森高千里は綺麗だったなぁー。
最初の「17歳」しか知ってる曲は無かったけど、それでも楽しめた。
結局森高のバックバンドみたいな感じになってしまったカーネーションだけど、こちらの演奏も素敵だった。
秋には札幌でライブをやるとのこと。

森高が出てきた際に後ろで煩かった観客から「日焼けは大丈夫ー?」と掛け声がかかっていたけど、森高本人には聞こえていなかった模様(笑)。

このステージが終ると次に観る予定の「シーナ&ロケッツ」のステージまで時間が空くので、一度テントに戻り休憩。
テントで休んでいるとアーステントで「木村カエラ」のステージが始まったので、最初は「シーナ&ロケッツ」と少し被るので諦めていたけど、テントから近いのでちょっと覗きに行った。
ところが観客がアースに入りきれず、さらに配置の関係でステージに向かって左側と後ろには近寄れないので、入れなかった観客が右側に集まり通路がふさがれる状態。
私もなんとかステージが見える場所に行ったけど、2曲ほど聴いたところで離脱して再度自分のテントに戻り次の「シーナ&ロケッツ」に備えた。
あれだけ人が来るならサンステでやれば良かったのにな~。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す