「RAIL WARS!」第五話を見てマニアがマジギレしている模様

ストーリーに疑問を抱きながらも見ている「RAIL WARS!」だが、第五話のとあるシーンに関してマニアがブチギレしている模様。
そのシーンとは主人公の趣味の鉄道模型の車両を「暴走女」が何気に持ち上げているシーンで、その持ち方があまりにも無造作すぎているから。
twitterではこの持ち方に対する批判が沢山出ていて、少し引用すると
「そう持つんじゃねえ゛え゛え゛え゛ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ(ガチギレ」
「うわぁあああああ……・゚・(ノД`)・゚・ このアニメのスタッフ模型の扱いも知らないの? ねぇ馬鹿なの? タヒぬの?」 
「テメぇーそう持つんじゃねえぇぇぇ!プラプラさせるんじゃねえぞ…たわけが!」
等々
でもね、この持ち方をしているのは、鉄道マニアでもなんでもない(性格には問題あるけど)一般人なんだよね。
だからスタッフは無造作に持っているように描いたと思うんだけど。
原作は未読でも第一話から見ていれば各キャラクターの性格は判っているはず。
だとすれば少なくともスタッフに対する批判は出てこないよね。
尺さえあれば主人公には暴走女に対して持ち方に関するツッコミ(「あーっ!そういう風に持たないで」等)を入れて欲しかった気はするけど、特に無くても問題は無いかと。
1シーンだけを切り取ってそこだけ批判するのは人としてどうなのかな?

このシーンでツッコミを入れるんだったら暴走女の胸に邪魔されて進行できなくなった車両が無意味な前進/後退を繰り返すところじゃないの?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す