小樽市でメガソーラー発電所がもうすぐ着工予定

小樽市銭函に新しいメガソーラー発電所が建設される予定で、今週末の5/9に着工式が行われ11月には運転開始予定とのこと。
事業主は札幌に本社を置く山地ユナイテッドで高効率のドイツQセルズ製ガリウムヒ素系単結晶太陽光パネルを採用し、積雪の多い地域での事業化を目的としている。
さらにパワーコンディショナーを小型(10KW)にして分散配置し、万が一の故障時にも影響を極小化させる構成となっている。
道内でも積雪が多く反対に10月から2月にかけての冬季間は月間日照時間が100時間未満と少ない日本海側での事業化と言うことになるが、これが成功すれば道内の他の地域でも実用化される可能性が高くなる。
なお発電された電力は全量北海道電力へ売電の予定とのことだ。

それにしても建設地が北海道小樽市銭函5丁目67-4.5.6.7の自社所有地と発表されているが、実はこの場所はRSR会場に近く、2012年まではRSRの第二駐車場として利用されていたところ。
そっかー、あの土地って山地ユナイテッドの土地だったのねぇ。
それで去年から駐車場の位置が変更になったのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す