「MINI」がフルモデルチェンジして・・・

ビー・エム・ダブリュがMINIのフルモデルチェンジを正式に発表した。
今回のモデルチェンジではボディもエンジンも一新され、外観は一目でMINIだと判るコンセプトを維持しながら、ルーフラインが低くなったような印象を受け、サイドから見るとマツダのベリーサにちょっと似た感じもする。
エンジンは新設計の3気筒1.5Lターボ(クーパー)と4気筒2Lターボ(クーパーS)が搭載され、詳細スペックは公表されていないが、燃費はクーパーで15%向上し、反対にトルクは40%増しになったとされている。
ちなみにクーパーに搭載された1.5Lエンジンは50年以上にわたるMINIの歴史の中で初めての3気筒エンジンとなる。

旧オスマン帝国生まれのアレック・イシゴニスにより設計された旧ミニはその名が示す通りの小型車で、全長3m、幅1.4mの車体に大人4人が乗れる車で、1959年から2000年まで生産・販売された。
その後BMWが経営不振となっていたローバーを買収すると共にMINIの各種権利も取得し、現代風に作り変えたMINIを2001年(日本では2002年3月2日)に発売した。
この時に車体は大型化したが日本の5ナンバー枠には収まっていた。
また二代目も多少幅が増えたとはいえペースマンとクロスオーバーを除いて幅が1,685mmで5ナンバー枠に入っていたが、今度のフルモデルチェンジではベースとなるMINIも1,700mmを超え3ナンバーとなってしまった。
最早どこが「ミニ」なんだか・・・名は体を表さなくなってしまったな(笑)。

衝突安全性や車内の快適性のためにモデルチェンジの度に大型化するのは世の常だが、もうちょっとどうにかならなかったのかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す