grepでマッチしたファイル名のみ出力

unix系OSのマシンで作業していて、特定の文字列を含むファイルのみを編集したいときがある。
そんな時に便利なのがgrepコマンドの”-l”オプション。
このオプションを使うとgrepはパターンマッチしたファイル名のみを出力するので、そのファイル名をエディターに渡せば良い。
例えばエディターにvi(vim)を使う場合は
$vi(vim) `grep -l “検索文字列” 対象とするファイルを含むpath/*`
とすれば指定したpathに存在する全てのファイルから検索したい文字列を含むファイルだけを編集することが出来る。
ファイル名の指定は好きなようにすれば良いのでいろいろ応用が利いて便利だ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す