「N-BOX」の五ヶ月連続トップはならず・・・

軽自動車の12月販売台数も発表になり、12月の販売台数トップは10月にフルモデルチェンジをしたダイハツの「タント」となった。
「タント」は10/3に満を持してフルモデルチェンジをしたが、やはりホンダの「N-BOX(N-BOX+を含む)」は強敵だったようで、11月には僅か267台差で2位に甘んじていた。
今回三ヶ月目でようやくトップの座につけたというわけだ。
12月の販売台数ランキング上位5位までは
1.タント  19,211台(193.2%)
2.N-BOX   18,128台(132.8%)
3.ワゴンR 14,715台(118.4%)
4.ムーヴ  11,687台(125.0%)
5.ミラ   10,943台(80.2%)
となっている(括弧内は前年同月比)。
11月まで4ヶ月連続でトップだったN-BOXの5ヶ月連続トップはならなかったが、年間販売台数は234,994台で発売後初の年間トップとなった。
この23万台あまりという台数は登録車を含めても全体の3位の数字で、同社の「フィット」(18万台あまり)をも上回りホンダで今年一番売れた車となった。
ホンダと言えば11月に発売した新型の「N-WGN」が12月に8,600台を販売し同社の「N-ONE」や日産期待の「デイズ」を抜き7位にランクイン、年間トータルでも11月(2,910台)と合わせて11,510台を販売し、僅か二ヶ月弱の販売期間でスバルの「プレオ」の年間販売台数並みとなっている。
今年も新型の軽自動車(現行の「ライフ」の後継車)の発表が予想される等今年もホンダの動向が気になるところだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す