新型「エクストレイル」を正式発表

日産自動車はミドルクラスSUVの「エクストレイル」の新型を正式に発表した。
発売は12/16の予定。
今回のフルモデルチェンジでは外観のデザインが大幅に変更され、初代と二代目のような角張ったデザインから一転して(特にフロント部分が)丸みを帯びたデザインになっている(Cピラー辺りに二代目の名残があるかな)。
大きく変わったのはデザインだけでなく、二代目までには無かった3列シート車(7人乗り)が追加されているのも大きな変更点だ。
これは日産としては3列シートの設定があったサファリ以来ということになる。
またクリーンディーゼル搭載グレードが無くなり、ハイブリッド搭載モデルが後に追加される予定があるとか。
クリーンディーゼル搭載グレードは当面旧型となる現行モデル(20GT及び20GT s)が併売されることになっている。

グレード構成を見ると相変わらず2WD車(FF)が存在していて「格好だけオフロードっぽいSUV」は健在(笑)。
価格は2,249,100円(20X FF)から2,797,200円(20X エクストリーマーX “エマージェンシーブレーキ パッケージ” 3列シート)までで、月間販売目標は2,500台。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す