実写版「ヤマト」かい・・・

ハリウッドで構想のあった実写版「宇宙戦艦ヤマト(米国内での放映時タイトルは「Star Blazers」)」が実際に製作されることになるそうな。
実写版といえば木村拓哉主演で製作されたことがあるが、今度はハリウッドでの製作と言うことでキムタク主演のものとは全く関連がない模様。
製作総指揮は初代ヤマトのプロデューサーであり原作者の西崎義展氏の養子である西崎彰司氏とポール・シュウェイク(「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「ワールド・ウォー Z」の製作総指揮)との共同制作となる予定とのこと。

うーん、日本のアニメやゲームをハリウッドで実写化すると悲惨なことにしかなっていない気が・・・
「ストリートファイターII」とか「ドラゴンボール」とか・・・

日本で作られた実写版だってストーリーや配役がかなり改変されていて、別に「ヤマト」を名乗らなくても良かったと思えるくらいだし(キムタクの実写版「ヤマト」は嫌いじゃ無いけどね)。

気にはなるけど観に行くがどうかはもうちょっと情報が出てこないとなんとも言えないなぁ、、、
少なくとも脚本が良くないとねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す