空きが12KBって、、、、、、、

遠隔地に設置してあるサーバの動作が止まったとの連絡が来た。
サーバへログインをして貰うように電話で指示して状況を見て貰ったところ、サーバアプリが処理を継続するために必要な空き容量がHDDに無いとの警告が出ているとのこと。
なのでクライアントソフトで古くていらないデータを消して貰うようにお願いして待っていたら、「ディスクの空き容量が不足しています。」とのメッセージが出てデータの削除も出来なくなったと連絡が来た。
慌ててディスクのプロパティを見て貰ったら、空き容量がなんと12KB!
12GBでも12MBでも無い、12KB!
これじゃぁ殆ど何も出来ないので、”ディスクのクリーンアップ”をして貰うことにしたが、その後気付いたのはこのサーバはファイルサーバを兼ねているのでユーザーが入れたファイル(画像データ等)がディスクを圧迫している可能性が高いということ。
そこで早速連絡して共有しているフォルダの容量を見て貰ったところ、特定のフォルダだけで百数十GBほど使っているとのこと。
状況を説明して要らないファイルは削除して貰い、ある程度削除されてディスクに空きが出来たところでサーバアプリが処理を再開してくれて事なきを得た。

それにしても残りがKB単位になるまで誰も気付かないって・・・・・・(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す