ヴァルヴレイヴの楽しみ方

放映開始前は本格的ロボットアニメとして期待していた「革命機ヴァルヴレイヴ」。
実際に放映が始まってみると予想もしなかった(出来なかった)展開に付いて行くのがやっとな状態(いや、付いて行けていないかも)。
第五話までを見てようやく気付いたけど、このアニメはロボットアニメとして見るのではなく、突っ込みどころを探す番組として見る方が面白いく感じるということ(笑)。
毎回予想の斜め下の展開なので、そこだけ見るとまるで某A○Eのようだ。

これに比べると最初は「あれぇ?」と感じた「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」のほうがよっぽど正統派のロボットアニメに思える。
第一話と第二話を見た時はキャラクターの性格が破綻していて見てて痛かったけど、話数が進むにつれて面白くなって来たと感じている。
適度にコメディ要素も入っていてバランスの良い話に仕上がっていると思う。
こっちのほうがよっぽどキャラクタの成長を扱った作品と言えると思うなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す