電源交換

仕事で大量に購入したPC(DELL OPTIPLEX760)は電源ユニットが弱点で、今までに何十台も電源が入らなくなっている。
ビジネス用のモデルなので標準で3年保証が付いていて、その期間内に故障したのは無償で修理(マザーと電源ユニットの交換)をして貰ったが、保障期間が終了した後も故障が頻発している。
無償修理を受けられないのは勿体無いが廃棄処分対象とし、別途購入してあった予備機と随時交換している。
その予備機も在庫が底を尽いたので追加で購入したいところなのだが、なかなか決済が降りずに購入できないでいる。
ところが予備機の無い状況でも故障は発生してくれるので、ついに手元にあった最後の試験用同型機から電源を外して移植することになってしまった。
幸い電源ユニットの移植だけで直ったのだが、虎の子の電源ユニットまでをも使ってしまったので、早期に決済を取り新規購入したいところだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

4 comments to this article

  1. 千歳

    on 2013 年 1 月 7 日 at 4:32 PM -

    電源はコストと寿命が比例するユニットですからねぇ。

    DELLのは削るだけ削ってあって、私の所でも電源で死んでる機体は多いイメージです。

  2. tan

    on 2013 年 1 月 7 日 at 4:41 PM -

    >千歳さん
     問題の機種はDELLでも認識しているようで、交換された電源は”対策品”だそうです(笑)。
     ウチは当たりが悪くて不良率の高いロットに当ったようです。
     なので今後は一度に買うPCの台数を減らすことになりました。

  3. 千歳

    on 2013 年 1 月 7 日 at 6:29 PM -

    普通は、同機種をまとめて買った方が、部品の融通が楽なはずなんですけどねぇ(w

  4. tan

    on 2013 年 1 月 8 日 at 9:06 AM -

    >千歳さん
     さすがに90台買った中の30台近くに故障されたらたまったものではありません(汗)。
     なので同じロットに当らないように一度に買うのは20台程度にしようということです。
     

コメントを残す