FRONTIERの「FT103」に触ってみた

FRONTIERブランドでPC等を販売している株式会社KOUJIROから21.5型のタブレットが発売になっている。
製品自体は以前発表されていたが、今日になって代理店の人がデモ機を持ってやって来た。
短時間だけだが触らせて貰ったので感想をば。

見た目はまず「でかい!」「薄い!」といったところ。
21.5インチのディスプレイと思えばさほど大きいわけでは無いけど、タブレットとして見ると異様に大きく見える。
実際にはmicroHDMI端子を装備しているので、タブレットとしても液晶ディスプレイとして使うことが出来る(解像度は1920×1080のフルHD)。
ただその際はタッチパネル(光学式)が使えなくなるのは勿体無い。
USB等で信号を出せればタッチパネル付きのディスプレイになると思うので、なんとか改善されないものかな?と思う。

そのタッチパネルだけど、光学式のためか最近のスマホやタブレットのような10点マルチタッチには対応しておらず、2点までの認識となっているがそれで充分なような気がする。
動作そのものも結構軽いのでプレゼンとかに使うにはちょうど良い感じかな?
搭載されているCPUはA9(デュアルコア、1GHz動作)でメモリは1GB、ストレージは8GBだがmicroSDHCスロットがあるので、増設は可能。
搭載されているOSはAndroidの4.0。

バッテリは搭載されていないので外へ持ち出しての使用には向かない(オプションで外付けバッテリが有るとか聞いたけどね)が、外出先で電源さえ確保出来れば使えるな。
重さが約5Kgなので片手で持って使うには腕を鍛えないとならず、本体裏にスタンドがあるので基本的には机の上とかに置いて使うことになると思う。

残念だったのは有線LANも無線LANもIPアドレスの手動設定が出来なかったこと(DHCPでのアドレス取得がデフォルト)。
本当は出来るのかも知れないが、設定画面ではその項目を見つけることが出来なかったので、代理店の人にメーカーに問い合わせてもらうことに。
これが出来無いと社内ではちょっと使い難いかなぁ?

IPアドレスの設定に難があるけど、反対にDHCPで済むなら欠点にはならないし、結構使いやすいガジェットじゃないかと思う。
価格も32,800円と安いので自宅用に1台欲しくなってしまった。

余談だがこの製品は発売前にタッチパネルのセンサーを当初予定のモノよりも良いモノに変更したとのことで、そのために発売が3ヶ月(だったかな?)ほど遅れてしまったとのこと。
それでも東京のほうではかなり引き合いが多いらしく、価格も当初の予定よりも低く設定されたとのことで、これはユーザーにとっては嬉しいことだと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

5 comments to this article

  1. ちゃがま

    on 2012 年 10 月 26 日 at 10:22 PM -

    あれー?接続時の詳細オプションになかったかな?
    Android標準にはありますが、ベンダのアレンジ次第では消してあるかも知れないなぁ。
    来週会社で確認してきましょうかね。
    (mixiリンクで申し訳ありませんが) http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=1764848536&owner_id=6912

  2. tan

    on 2012 年 10 月 27 日 at 10:11 AM -

    >ちゃがまさん
     無線LANのほうは詳細設定の項目があったのですが、IPアドレスの設定は出来ませんでした。
     まぁデモ機を無線で社内のLANにつなぐわけにもいかないので未接続だったのですけど。
     有線のほうには詳細設定自体が見当たりませんでした。

  3. ちゃがま

    on 2012 年 10 月 29 日 at 7:55 PM -

    mixiのつぶやきに写真載せましたが、WiFI接続時の詳細オプションで、IPを静的につけられるようです。
    OSは4.0.4です。

  4. tan

    on 2012 年 10 月 30 日 at 8:01 PM -

    >ちゃがまさん
     写真まで撮っていただいてありがとうございます。
     Wi-Fiのほうは詳細設定の項目がありましたが、有線LANのほうには見当たらなかったので、有線での使用はあまり考えられていないのですかね?

コメントを残す