amazon7インチタブレットの後継機種を発表

昨日10/24、amazonから「Kindle Fire HD」が発表になった。
5年前に発売になった電子書籍リーダー「Kindle」がその後電子書籍用タブレット「Kindle Fire」を産み、今回さらに進化した「Kindle Fire HD」になったということか。
名前に”HD”が付いたことから判るように、ディスプレイの解像度がHD(1280×800)となり、それに伴いGPUもImagination製PowerVR 3Dグラフィックスを搭載しゲーム等もストレス無く動作すると謳っている。
プロセッサも今や当たり前となった感はあるがデュアルコアプロセッサ(1.2GHz動作のOMAP4460)搭載でストレージは16GBもしくは32GBを搭載している。
驚いたのはその価格で、16GBモデルが15,800円、32GBモデルが19,800円という低価格。
これは間違いなくiPad mini及びもうすぐ発表になると思われるNexus7の32GB版を意識していると思われる。
機能的な違いは有るが少なくとも価格面ではiPad miniには勝ち目は無い(iPad miniは8GBモデルで28,800円)。

発表は昨日で予約受付は既に始まっているが、発売は12/19とのことなので、それまで他社の動向を見るのも一つの手かと。

あー、でも安いなぁー、32GBモデルを一個買おうかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す