メインPCの起動ドライブをSSDに換装してみた

先日安かったCFD販売のSSDをメインPCの起動ドライブとしていたHDDと入れ替えた。
HDDの中身はいつももごとくEASEUSのDISK Copy2.3でフルコピーしたので、換装前後での環境の違いはほぼ無し。
この状態で換装前と換装後のWindows エクペリエンスインデックスを比較してみる。
まずは換装前

SSDに換装する前のエクスペリエンスインデックス

SSDに換装する前のエクスペリエンスインデックス。プライマリハードディスクの値が一番低い。


次は換装後
SSDに換装後のエクスペリエンスインデックス

SSDに換装後のエクスペリエンスインデックス。プライマリハードディスクの値が最高の7.9に上がっている。


換装後にとったベンチの結果
メインのPCで取ったベンチマークの結果

メインのPCで取ったベンチマークの結果。メーカー公称値には及ばないもののかなり高速。


この製品の性能(メーカー公称値)は読み込み最大500MB/Sec、書き込み最大460MB/Secとなっており、パッケージに書かれているメーカーでの測定値は
シーケンシャルリード:507MB/Sec
シーケンシャルライト:374MB/Sec
ランダムリード(512KB):439MB/Sec
ランダムライト(512KB):361MB/Sec
ランダムリード(4KB/QD=1):38MB/Sec
ランダムライト(4KB/QD=1):106MB/Sec
ランダムリード(4KB/QD=32):249MB/Sec
ランダムライト(4KB/QD=32):261MB/Sec
となっているので、512KBのランダムリード/ライト以外はそれを下回っているものの中々の結果が出ている。
測定環境が違うので一概に比較は出来ないが、購入価格(6,980円)を考えると非常にお買い得だったと言えるだろう。

ちなみにデータコピー時の平均のコピー速度は1.75GB/Min(約30MB/Sec=240Mbit/Sec)でコピー元のHDDをUSB2.0で接続したことを考えるとかなりの速度が出たことになる(コピー元のHDDの読み出し速度がネックになったのかも?)。

今回は個数限定の特価品を運良く買うことが出来たのはラッキーだったけど、どうも訳あり品のようでメーカー保障が受けられず、ショップによる初期不良交換のみだった筈。
それでも無事に動作してくれたのでヨシとしよう!

シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch SSD 120GB CSSD-S6T120NTS2Q
B007SSZXRW

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

3 comments to this article

  1. 千歳

    on 2012 年 8 月 6 日 at 12:52 PM -

    これが7000円未満で買えるなんて。
    いい世の中ですねぇ…。

  2. tan

    on 2012 年 8 月 6 日 at 2:51 PM -

    >千歳さん
     6,980円で買えたのはたまたまですけど、まさかここまでのベンチ結果が出るとは思いませんでした。
     東芝製のチップを採用している製品とのことでしたので、今後は安く買えなくなるかもしれませんね。

コメントを残す