21.5インチディスプレイのタブレット?

今日職場に来た某社の営業さん(実は社長さん)が面白い新製品があるということで、話を聞いてみた。
どんな製品なのかと思っていたら、
「フロンティアさんが今度21インチのタブレットPCを出すんです。」
と仰る。
巷に出回っているタブレット(スレートPCを含む)は画面サイズが7インチ~10インチクラスが殆どで、基本的には持ち歩いて使える物が多い。
そこに21インチの製品を出してくるのにはビックリしたけど、用途はいろいろあると思う。
さすがにこのサイズ(正確には21.5インチ)だと気軽には持ち歩けないけど、店舗等に備え付けて端末として使うには良いサイズになり得ると思う。
手に持って使うには大きすぎるので、基本的にはテーブルのような平らな面に置くか、スタンドに固定して使うことになりそうだけど、スタンドは付属していないので購入者が自分で合うスタンドを探さなくてはならないようだ。

基本スペックは
CPU:Texas Instruments OMAP 4428(デュアルコア、1GHz動作)
メモリ:1GB(増設不可)
ストレージ:8GB(増設不可)
OS:Android 4.0.3
ディスプレイ:タッチパネル付21.5型ワイドTFT光沢液晶(1920×1080)
I/O:USB2.0(ホスト)x3、microUSB(デバイス)x1、有線LAN(100BASE-TX,10BASE-T)、microHDMI入力端子(タイプD、入力専用)、メモリーカードスロット(microSD及びmicroSDHC対応、最大32GB)等
ネットワーク:有線、無線(802.11b/g/n対応)、Bluetooth Ver.2.1 + EDR準拠
その他:ステレオスピーカー、マイク、カメラ(120万画素)を内蔵
電源はACアダプタ(19V、2.1A)からの供給のみでバッテリは非搭載の模様。
面白いのはHDMIの入力端子を持っていることで、FullHDのディスプレイとしても使うことが出来る(その場合タッチパネル機能は動作しないとのこと)。
必要に応じて外部機器(PC等)からの映像も表示可能なのは使用方法に幅を持たせることが出来そうだ。
重さはACアダプタ込みで約5Kgとなるので、外に持ち出して使う気にはなれない(そもそもバッテリ非搭載なので屋外では使えない)。
これで価格は34,800円とのことなので、ちょっと面白い商品かなぁ?と。
出荷開始は9月半ばとのことなので現物を見せてもらうことは出来なかったが、サンプルが手に入れば見せに来てくれるそうなのでちょっと楽しみ。
業務で使えそうなシーンはいくつか思い浮かぶので、実現可能だったら何台か購入することになるかも?

FRONTIER 21.5型 タブレット Android4.0 フルHD 無線LAN Bluetooth フロンティア ◇ FT103
B008GRXXNU
8/3現在amazonでも予約受付中で、入荷予定は9/20とのことだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す