意外と(?)売れているんだな

トヨタのプリウスシリーズ(プリウス・プリウスα・プリウスEX・プリウスプラグインハイブリッド(以降PHVと表記))は国内新車販売台数でトップを走っている。
2012年4月の販売台数も4車種合計で21,906台(自工会発表値)でトップを維持している(2位はアクアの18,481台)。
プリウスの販売台数の内訳は雑誌「ベストカー」の記事によれば、プリウス10,623台、プリウスα10,042台、プリウスEX178台、プリウスPHV1,069台となっている(合計が21,912台となって自工会発表値と食い違っているが誤差の範囲だろう)。
実際には共通部分の殆ど無い4車種(プリウスとプリウスPHVは外見は良く似ているが)なので、それぞれを別車種として考えるとどの車種もアクアの販売台数に届かないことになり、実質の販売台数1位の座に輝くのはアクアではないかと思う。
まぁそれはおいとくとして、面白いのは出たばかりのプリウスPHVが1,069台も売れているということ。
月間販売台数が3桁の車種も多いのに、ベースになったプリウスよりも約100万円も高い(補助金が出るので価格差は縮まる)にも関わらずこれだけ売れているのは素晴らしいことでは無いだろうか?

ちなみに1,069台と言う台数はダイハツが今年に入ってから売った乗用車(登録車)の台数(1,048台)を上回るものだ。
現在ダイハツが販売している乗用車は「クー(BB,デックスのOEM元)」「ブーン(パッソのOEM元)」「ブーンルミナス(パッソセッテのOEM元で販売終了が決定)」「ビーゴ(ラッシュのOEM元)」の4車種。
5月からはこれらに加えてトヨタからカムリのOEM供給を受けて「アルティス」の販売が始まっているが、今回の統計には入っていない。
まぁダイハツは販売のメインが軽自動車だから登録車が売れていないのも仕方が無いのかも?

さらに旧型プリウス(NHW20型)の継続販売であるプリウスEXも3桁売れている(3月で生産を終了した模様なので納車が4月になったか在庫販売なのだろう)のだから、多少なりとは言え需要はあるんだなぁと思った。
装備が簡略化されているけど価格が安いから法人関係とかの需要があるのだろうか?
実際には身近に個人でプリウスEXを買った人もいるし、ネットで探すと同じように個人で購入した人を見かけるので、結構個人ユーザーにも売れたのかもね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す