More from: 新製品

CanonがDOレンズを開発中?

Canonの”DOレンズ”というと回析格子の特性を利用したレンズで、これまでに3モデルが発売になっている。
ただ、その中の1モデルの「EF400mm F4 DO IS USM」は既に後継モデルの「EF400mm F4 DO IS II USM」に置き換わっているので現在販売されているのは「EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」と合わせて2モデルのみ。
「EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM」の発売は2004年と古くそろそろ新モデルが出てもおかしくは無い頃。
そんなDOレンズの新製品が開発されているという話があるらしい。
事実2015年のCANON EXPOで「EF600mm F4L IS DO BR USM」が展示されているが発売にはなっていない。
このモデルが新製品として発売されるということなのだろうか?
まぁ、出ても普通の人には手が出せないほど効果なんだろうけど・・・そもそも”ロクヨン”なんて一般人には使いどころがないレンズだろうけどね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

面白そうだ・・・

焦点工房が「「7Artisans 35mm F1.2」」の販売を開始すると言うことで安いし面白そうだと思ったが、私はAPS-Cサイズのミラーレス機を持っておらず、対応しているカメラはマイクロフォーサーズの「E-PL6」のみ。
これだと35mm換算で70mmとなってちょっと使い難そう。
なので、同じく焦点工房で販売されている「7Artisans 25mm F1.8」が良さそう。
フルマニュアルでAFもAEも使えないけど、そこが面白そうでお散歩レンズに良さそうな感じ。
ちょっと考えてみるかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SAマウントからLマウントへ

SIGMAがSAマウントカメラの開発終了をアナウンスしている。
同時にLマウントカメラ及び交換レンズの開発を発表しており、今後はLマウントへの移行を図っている。
一眼レフ用のレンズに関しては今後もSAマウントを用意することと、SAマウントレンズをLマウントボディで使えるように専用のマウントアダプターを開発中とのことも発表している。
つまり、SAマウントユーザーに対しては今後はLマウントへの移行を促すということだ。

さらにフルサイズのFoveonセンサー搭載のLマウントボディの開発も発表していて、こちらもちょっと楽しみな感じだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナソニックが噂のフルサイズミラーレスを発表した

巷で噂になっていたパナソニックのフルサイズミラーレスが正式に開発が発表された。
既にネット上ではいろんな反応があって面白い。
マウントは直前になってLマウントで確定と言われたが実際にもその通りで、ライカのレンズが使用可能・・・なんだけど、ライカのレンズはとても高価で買えない(笑)。
そこでシグマがLマウントに参入ということも同時に発表され一般ユーザーも安心したと思われる。
今後のレンズ展開は3社で行うということになりそうで、ユーザーにとっては選択肢がかなり広がることになる。
これは既存3社(ニコンキヤノンソニー)からも結構なユーザーが流れるかも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

FUJIが中判デジタルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を発表

富士フイルム株式会社が中判デジタルのコンセプト「GFX 100Megapixels Concept」を公開した。
その名の示す通り100MPixel(1億画素)を超えるセンサーを搭載したフラッグシップモデルとなる。
価格や発売日は未発表。

また同時に中判ミラーレス機の新機種「GFX 50R」を11月に発売すると発表した。
こちらのセンサーは5140万画素の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサーで、同社の「GFX 50S」をレンジファインダースタイルにしたようなボディとなっている。
小型軽量(775g)がウリとなっていて、「GFX 50S」(825g)と比較すると50gほど軽量となっている。
こちらの価格は”オープン”となっているけど、「GFX 50S」が50-70万円以上もするからこっちも高いんだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーが「RICOH GR III」を発表!

フォトキナ2018直前の昨日、リコーがプレミアムコンパクトカメラ「RICOH GR III」の開発及び2019年春の発売予定を発表した。
光学系は新設計の4群6枚(非球面レンズ2枚)で、センサーは有効約2,424万画素のAPS-Cサイズ。
画素数とAF方式を見ると同社の「PENTAX K-70」と同じセンサーか?とも思えるけど・・・どうなんだろ?
また、手ブレ補正は同社の「SR(Shake Reduction)」を搭載し、同機構を活かした「ローパスセレクター」機能も搭載している。
レンズは35mm換算で28㎜相当となる開放F値2.8のレンズを搭載。
同シリーズ3年ぶりの新機種の発表で、待ち焦がれていた人も多いのでは?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「サラ」もプラモで出るのか・・・

アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」もあと少しで最終回を迎える。
ここに来て登場するガンプラの模型化の発表もされていて、その中に「HGBD モビルドールサラ」という製品があった。
これは物語の中心にいてキーパーソン(?)となっている「サラ」を模型化したもの。
現時点ではまだシルエットしか公表されていないが、劇中でもまだ登場していないので仕方が無い(素体形状だけは少し映ったが)。
楽天市場内の店舗でも予約受付を開始しているところがあるので、一個予約しておこうかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HGBD モビルドールサラ「12月予約」
価格:2332円(税込、送料別) (2018/9/21時点)

楽天で購入

#”ガンプラの模型化”ってなにか変な感じ(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナのフルサイズ機のマウントはライカSLマウントらしい

パナソニックが開発しているフルサイズミラーレス機のマウントは当初SLマウントではないか?と噂されていたが、その後にかなり強く否定された。
ところがここにきて噂の元になっている情報サイトがSLマウントであることを確認したとしている。
どうも情報が錯綜していたらしいが、今度こそ決まりなのかな?
さすがにパナソニックが独自マウントを開発するというのは信じ難かったので、これはこれでありかな?と。
ボディよりもレンズ群が遥かに高価となるが、ユーザーは当初(フランジバックの長い)レフ機用のレンズをアダプター経由で使うことで凌げることになるのか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナソニックのフルサイズ参入は本当か・・・

少し前からネット上でパナソニックがフルサイズミラーレス機を発表するという噂が流れていた。
つい最近では9/25に開発を発表するのが確実という噂が流れ始め、これはどうやら本当らしい・・・
これまでオリンパスと並んでマイクロ4/3機を出していたのが(APS-Cを飛び越えて)いきなりフルサイズ市場に参入とはねぇ、、、
レンズのラインアップはライカブランドのを最初に出して来るのだろうか?
それとも自社ブランド?
どちらにしてもある程度の数を揃えるには時間がかかりそう・・・
ライカのフルサイズ用レンズが使えれば良い(価格の面が問題ではある)が、ライカのSLマウントの採用はしないとの噂もあるし、どうなるんだろうな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。