More from: 新製品

”ダル”が参戦とか(笑)

来月末(2019/1/31)発売と予告されたSwitch/PS4対応のゲーム「ロボなんとか」にダルが参戦するとか。
確かに同じ世界という設定らしいけど、世界線はどうなっているんだ?(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONが来年前半にも「D760」を発表?

先だってフルサイズミラーレス「Z7/Z6」を発売したNIKONが来年(2019年)の前半にもFXフォーマット機である「D760」を発表するという噂が出て来た。
同時にFXエントリークラスの「D610」はモデル終焉ということなので、この「D760」がエントリークラスとなるようだとも。
ミラーレスを2機種出したNIKONがレフ機ユーザー向けにも新機種を出してくれるんだという点と、これまでミドルクラスだった機種をエントリークラスとするという点で賛否両論となっている。
これまでNIKONのFXフォーマット機はフラッグシップの「D5」、高画素機の「D810」、ミドルクラスの「D750」、エントリークラスの「D610」と4ラインあったが、これを3ラインに整理するということなのだろう。
「D610」ユーザーはミラーレスの「Z6」に行くか、レフ機の「D760」に行くか悩みどころかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ハセガワ・・・

プラモデルメーカーの「株式会社 ハセガワ」が1/24や1/12のフィギュアモデルを発売している。
プラモデルのフィギュアというと、タミヤ模型の1/35ミリタリーミニチュアシリーズのフィギュアのように兵士だったり、同じくタミヤの1/12の車関係のフィギュアだったりを想像するが、ハセガワは全く違う路線のフィギュアも出している。
12月発売予定の新製品が下。

いやまぁ、車関連と言えばそうなんだけどさぁ、、、
さらの既発売の製品の中には

こんなのとか、

こんなのとか、

・・・
企業としては利益を生む商品を出すのは当然とはいえ、ターゲットユーザーはどの辺りなのだろう???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS R」に75MPセンサー搭載機?

海外のサイトでCanonのフルサイズミラーレス機「EOS R」シリーズに75MPのセンサーを搭載したモデルが出るかもしれないとの情報が掲載された。
これまでCanonのフルサイズ機で高画素というと「EOS 5Ds」「EOS 5DsR」があったが、これらのモデルは後継機が開発されないとの話もこれで裏付けられることになる。
風景用として使われるのであれば連写性能もそれほど必要とはされず、高画素であることが求められる。
さらにミラーレスだとミラーショックが無いので高画素でもブレには強い。
そう考えると「EOS R」の高画素機の存在意義は十分あるし、わざわざレフ機で開発する必要もなくなる。
ただし、レンズの解像度がこれまで以上に求められるが、新しいRFレンズも開発中とのことなので大丈夫かと。
ま、出ても私には縁のないモデルになるのは間違いないな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナソニックのフルサイズミラーレスは来年1月発表?

パナソニックが開発中とされるフルサイズミラーレス機「S1/S1R」は来年1月中に正式に発表され、3月に発売されるとの噂が出て来た。
価格に関しても3000ドル台後半と見る向きもあり、日本では40万円程度と予想されている。
はてさて、どんなカメラが発表されるのだろうか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが来年3機種のAPS-C一眼レフを出すという噂

Canonが2019年に3機種の一眼レフ機を出すという噂が出て来た。
しかもその3機種ともAPS-C機とのこと。
現在Canonが出しているAPS-Cの一眼レフ機は7Dシリーズ、二桁D機、4桁D機、kiss2機種の4ライン5機種。
それぞれのモデルチェンジサイクルは7Dが約5年、二桁Dが約3年弱、4桁Dとkissが約2年。
さらにそれぞれの最新モデルの発売が7D2が2014年、80Dが2016年、9000Dが2017年、X9i/X9が2017年で、2019年は全てモデルチェンジの時期となる。
さてさて、どれが出てくることになるんだろう???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが「α7000」を出す?

SONYは同社のAPS-C機のフラッグシップ機を開発中であることを公言しているが、そのモデル名が「α7000」だという噂が出て来た。
この”7000”という数字は、SONYのカメラ部門の前身であるミノルタが1985年に発売した「α-7000」と同じ。
まさかこのネーミングを持ってくるとはねぇ、、、かなりの自信作なんだろうな。
って、ことは、次はもっと上のプロモデルで「α9000」というのを出すための布石なのか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Z7」とCanonの「EOS R」に触ってみた

先日、久しぶりに大型量販店に行ったので、ついでにカメラ売り場に行ってNikonとCanonのフルサイズミラーレス機に触ってみた。
どちらもファインダーが明るくて見やすく、さらに動体への追従性も良くて十分だと思えた。
触ったのは合わせても数分だし、店内の光景だけしか見なかったけど、このファインダーなら通常使用になにも問題は無さそうと感じた。
#まぁ両メーカーとも通常使用で支障が出そうなモノは出さないだろうけど(汗)。
重さも意外と軽く感じたなぁ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z7 24-70+FTZマウントアダプターキット【送料無料】
価格:547000円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233182円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonが「Z6」の発売日を発表

Nikonのフルサイズミラーレス機で未発売の「Z6」の発売日が11/23と発表された。
この日に発売されるのはボディ単体・ボディ+24-70㎜レンズキット・ボディ+FTZアダプターキット・ボディ+24-70mm*FTZアダプターキットの4種類。
同時に発表され既に販売されている高画素機の「Z7」に比べると実売で15-17万円ほど安いので、こちらを予約していた人の方が多いのでは?
となると、今月のミラーレス機のシェアがどうなるか興味深いな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「プレイステーションクラシック」の販売って・・・

ソニー・インタラクティブエンタテインメントから12/3に発売予定の「プレイステーションクラシック」をamazonで探すと最初に見つかるのが下の商品。

この価格は定価(税込み10,778円)を上回っているんだけど、実は販売者がamazonでは無くマーケットプレイスの業者。
amazonでは定価で予約出来る(11/7現在)ので、そちらから予約するのがお勧め。
わざわざ高い値段を付けているところから買う必要は無いね。
amazonもマーケットプレイスの商品を買って貰えば手数料(15%だとか)を取れるから、そちらを先に表示するようにしているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。