More from: 新製品

Nikonの「D5600」「D3500」がディスコン

Nikonのサイトでエントリー一眼レフの「D5600」と「D3500」が”旧製品”扱いになった。
つまりメーカーからの出荷が終了したのとほぼ同義ということで、今までなら新製品である後継機種が発表されていたんだけど、今回はそれは無し。
ということはレフ機の更新は無く、あるとすればミラーレスのDXフォーマット機「Z50」の下位機種の発表だろうか?
だとすると、結構価格を下げないと売れないのではないかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【訳ありアウトレット】ニコン Z 50 ダブルズームキット
価格:125000円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが複数のRFマウント機を出す?

Canonがミラーレス一眼の新機種を複数出すという噂が出ている。
シネマEOSまで入れると8機種もあり、スティル用だけでも5機種にもなるという。
スティル用で噂になっているのは
・R1(フラッグシップ:1DXのRF版?)
・R5の高画素版(5DsのRF版)
・APS-C機(連写、望遠性能重視:7D2のRF版?)
・エントリーフルサイズ2機種(RPの下とRPとR6の中間?)
の5種類で、1年でこれだけ出すのは無理があるかもしれないけど、もしかしたらCanonは本当に出してくるかも?(と思わせてくれるだけでも凄い)。
ただ、ボディだけ出てもレンズのラインアップがまだまだ不足していて、特にAPS-C機用の広角/標準ズームが無いので、これだけでも出さないとならないと思う。
またエントリークラス用の小型軽量の標準ズームも必要と思われる。
これだけの新製品をホントに年内に揃えることが出来るのだろうか、少々疑問ではあるが、これくらいやらないとSONYに追いつく/追い越すのは難しいという認識なのだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

RFマウントのAPS-C機の噂

以前からCanonのRFマウント機にAPS-Cセンサー搭載モデルが出るという噂があった。
今度は既にテスト用の実機が一部のプロカメラマンの手元に渡っているという噂が出て来た。
Canonのミラーレス一眼には既にAPS-C専用のEF-Mマウントがあり、現在でも新モデル(EOS Kiss M MarkII)の登場が間近と言われている。
そんな状況でもRFマウントでAPS-C機を出すとなると一眼レフの「EOS 7D」のユーザーの取り込みがメインとも考えられる。
7Dは望遠(効果)と連写性能で飛ぶもの系やモータースポーツ分野で人気となったモデルなので、RFマウント機も同様なユーザーをターゲットにすると思われる。
となると、価格もそれなりに高価になるんだろうなぁ、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS R5s」の噂

Canonのミラーレス一眼「EOS R5」の兄弟機として以前から噂になっていたのが「EOS R5s」(仮名)。
末尾の”s”が示すように高画素機と言われていて、最新の噂だと画素数は90MPにもなるという。
さらにピクセルシフトで300MPの画像の撮影が可能とも。
これが本当なら風景写真家には良いんだろうけど、RAWデータのファイルサイズがどれくらいまで巨大になるんだろう?
現像等の処理に使うPCにもかなりのスペックが要求されることになるし、ストレージもかなりの容量が必要になるんだろうなぁ・・・
来年(2021年)の第一四半期にも発表されるとのことだけど、今回の噂のどこまでが本当なんだろうか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

オリンパスの「ED150-400mm F4.5 TC1.5x IS PRO」が品薄

オリンパスが2021/1/22に発売予定の超望遠ズームレンズ「ED150-400mm F4.5 TC1.5x IS PRO」が品薄だとアナウンスしている。
実売で80万円もする高価なレンズだけど、発表から予約が殺到していて予約分の多くが発売日には手に入らない見通しとのこと。
35mm換算で300-1000mm(内蔵1.25倍テレコン使用時)となる超望遠レンズの割に、重さが1,875gと軽量なので鳥を撮る人などに大人気らしい。
このところ身売り等で暗い話題ばかりだったオリンパス(の映像部門)にとっては良い話ではないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

RFマウント用の撒き餌レンズ

Canonが11/4にRFマウント用の安価な標準レンズ「RF50mm F1.8 STM」を発表した。
発売は12月下旬の予定でCanonのオンラインショップでの価格は28,600円(税込み)。
EFマウント用の「EF50mm F1.8 STM」の光学設計を進化させ非球面レンズを採用してミラーレス用のショートバックフォーカスを活かした設計になっているという。
手振れ補正機構(IS)は非搭載だが、ボディ内手振れ補正搭載の「EOS R5/R6」と組み合わせることで最大7段分の効果となっている。
最短撮影距離0.30mを実現しているのでテーブルフォト等にも便利に使えそうだ。
手振れ補正は無いが「EOS RP」と組み合わせることで軽量なスナップ機としても使えそうだなー。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーのAPS-Cフラッグシップ機は「PENTAX K-3 Mark III」!

リコーが開発中のAPS-C機の開発状況と名称を発表した。
モデル名は「PENTAX K-3 Mark III」で「K3-II」の後継機という位置付けがはっきりしたものとなった。
そっかー、「K3-III」ではなく間に”Mark”を付けて来たか(汗)。
スペックも発表になっているが、連写速度が毎秒12コマで「K3-II」の8.3コマを大きく上回ってきた上、AF測距点が一気に109点まで増えた。
またファインダーが以前からメーカーが公表していたように視野率100%で倍率が1.03倍となっており、かなり見やすいと思われる(コストがかかっているんだろうな)。
反面GPSが非搭載になったとか、ライブビュー時のAFがコントラストAFで像面位相差の採用が無いとか、価格が30万円近くになりそうだとかマイナス点もそこそこありそうだ。

個人的にはGPSが載らなければあまり欲しいとは思えず、これなら新機種登場で中古の価格が下がる(かもしれない)「K3-II」の方が良いと思えてしまうな・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【1年保証】【美品】PENTAX K-3II ボディ
価格:72800円(税込、送料無料) (2020/10/29時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

”Winter MAXX-03”の感想

先々週の日曜日(10/18)に車のタイヤをスタッドレスに交換した。
昨季のタイヤが使用限界を超えたので新品の”Winter MAXX-03”に買い替えたのは10/19の記事「タイヤを新調した」に書いた通り。
その後の一週間で160Kmほど(殆どがドライ路面で少しだけウェット、積雪や凍結路面は皆無)走行したのでちょっと感想(レビューなんていうほどのものではない)を書いてみる。
履き替えた直後に感じたのは
・スタッドレスタイヤにありがちなフニャフニャ感は殆ど無い。
・サマータイヤ(DUNLOPの”LeMan 4”)並みに静か。
の2点。
今まではスタッドレスに交換したらその柔らかさから来るフニャフニャ感とサイプの細かさからくる高周波のロードノイズがあって当たり前だったんだけど、今回の”Winter MAXX-03”にはそれらがあまり無いのでビックリした。
だからといって固さがあるかというとそうではなく、路面の凹凸を吸収してサマータイヤよりも乗り心地は良く感じる。
言葉にするのは難しいんだけど、細かい凹凸はうまく吸収され突き上げ感が抑えられて滑らかな乗り心地になった感じがする。
ハンドルを切った時の中立付近の無感域が少し広くなった感じはするが、雪道ではそのほうが好ましいかと。
燃費に関してはもう少し距離を乗ってみないと何とも言えないが、今のところそれほど悪化していないと思う。
雪が降っていないので肝心の雪上/氷上性能は未体験だけど、今年出たばかりのニューモデルなのでその辺も期待出来そうで楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「iPhone12」発売

appleから今年の新製品である「iPhone12」が発売された。
iPhoneとしては初めての5G対応モデルとなる。
以外になにか特筆することはあるのだろうか?
先代モデルのiPhone11から僅かに小型化されたこととかかな?(もちろん性能はアップしているが)。
毎回、発売のたびに行列が出来ているが、今回は開店10分前からしか並べなくしたそうで、徹夜組とかはいなかった模様。
そのおかげか店頭に足を運んだ人はそれほど待たずにスムースに購入できたとのこと。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「Rakuten Bic」ならぬ「Rakuten BIG」

楽天モバイルが新端末を発売していた。
その名も「Rakuten BIG」。
最初はビックカメラ(Rakuten Bic)かと思ったが、よく見ると最後が”c”では無く”G”になっていたのに気が付いた(汗)。
価格が6万円台と楽天モバイル用の端末としては高い感じがするが、なんとこの価格で5G対応ということだ。
しかも対応しているのがSub6だけでなくミリ波もだという。
安価な5G対応端末でミリ波まで対応しているのは珍しい。
SocはSnapdragon 765G 5G mobile platformで、メインメモリが6GB、ストレージは128GBとハイエンド機種では無いが、実用上は不足の無いスペック。
安いし良いな、と思うが肝心の5G通信可能なエリアがまだまだ狭いから買っても実力を発揮できないよなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。