ソフトバンクからはiPhone 4 8GBモデルも登場、端末代金は実質無料。

iPhone 4Sの価格及び料金プランがauに続きソフトバンクからも発表され、店頭及びオンラインでの予約受付が始まっている(筈、オンラインショップが混んでいて接続できないため確認できない)。
auと違って廉価なiPhone 4の8GBモデルもラインアップにのっており、端末代金は実質無料となっている。
ところがiPhone 4Sの16GBも実質無料なのでこっちを買ったほうが良いんじゃないだろうか?
もちろん端末代金自体に違いはあるのだけど、「月月割」の金額が分割代金と同じなのでどっちも「実質無料」となっている。
一括での支払額はiPhone 4 8GBモデルの40,320円に対してiPhone 4S 16GBモデルが46,080円なので、一括で支払う人にとっては違いがあるが、分割で支払う人にとっては旧型のiPhone 4を選ぶ理由が見当たらない。
となると注文は新型のiPhone 4Sに殺到するだろうから、旧型でも良いから早く欲しいという人はiPhone 4を選ぶというのも有りか?
でもiPhone 4の16GBモデルも実質無料なんだよなぁ、わざわざ容量の少ないほうを選ぶ理由が見当たらない・・・・・・?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す