Xiaomiが「Xiaomi 12S Ultra」を発表

Xiaomiがスマートフォンの新モデル「Xiaomi 12S Ultra」を正式に発表した。
この「12S Ultra」の特徴は何と言ってもSONYと共同開発したという1型撮像センサー「IMX989」の搭載と、光学系にLeicaブランドのレンズを採用したことだろう。
スマートフォンの薄いボディに1型センサー(しかもクロップ無しで全画素使用)を搭載するにはかなり技術的に困難だったと思われる。
しかも光学式の手振れ補正機構まで搭載というのだから凄い!
デザインは3つのカメラ(内1つは35mm換算で120mm相当の中望遠)を保護するためのガラスカバーを大きく丸いものにすることで一つの大きな目玉の様に見せる独特なものになっている。
カメラ系の情報サイトでは賛否両論があるが、カメラ機能は重視するが”そこまでカメラという機械には拘らない”スマートフォンユーザーには受け入れられるのでは無いだろうか?
私としては個人的には常にコンデジを持ち歩いていて、スマートフォンのカメラをほとんど使わないので、この「12S Ultra」に必要性を感じないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す