ファイターズ、サヨナラ勝ち!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで中日と対戦。
上沢と大野雄大という両チームのエース同士の投げ合いで投手戦となったが、先手を取ったのはファイターズ。
五回に淺間の二塁打等で二死ながら一三塁の好機を作り、一番に入ったルーキー上川畑が”全集中で”打った打球は左中間に落ちる適時打となって淺間が生還、打った上川畑も二塁に達し二塁打とした。
このまま逃げ切れれば良かったのだけど、上沢も七回に1点を奪われて同点とされてしまった。
さらに三塁に走者がいたが後続を断って1点で抑えて同点どまりとした。

その後は両チームとも無得点で試合は進み、延長に入りファイターズは北山、中日は清水が十回を三人で抑えて迎えた延長十一回。
ファイターズは石川直が三人で抑え、その裏の攻撃で一死から清宮が打った当たりは二塁手やや左への平凡なゴロ、これを二塁手が絵に描いたような見事なトンネルで後逸し清宮が出塁。
続く松本剛は三塁ゴロだったがこの間に清宮は二塁へ進塁。
ここで途中出場の谷内がやや内寄り低目の球を右方向へはじき返すと打球は前進守備の相手外野手が懸命に伸ばしたグラブの先を超えて落ち二塁から清宮が生還、ファイターズが4/10以来となる今季3度目のサヨナラ勝ちをおさめた。
勝ち投手は石川直で今季2勝目でキャリアハイまであと1勝とし、二番手で登板した北山に今季3つ目のホールドが付いている。

今日も勝って交流戦2度目のカード勝ち越しを決めて欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す