ファイターズ逆転で連敗!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜甲子園で阪神と対戦。
BIGBOSSこと新庄監督にとっては16年ぶりとなる凱旋となったこの試合、ファイターズ打線は三回までに7点を取って試合の主導権を握るも、中盤に追い上げられ、終盤には逆転され勝利を逃した。

ファイターズ先発の上沢は六回を投げ本塁打2本を含む8安打を浴びて5失点。
二番手の石川直は一回を三人で抑えたが、三番手の堀が誤算。
先頭打者を三振に打ち取ったものの、次打者に本塁打を打たれ1点差に迫られると、四球を挟んだ三連打で同点にされてしまい、さらに満塁から押し出し四球を与えて逆転を許してしまった。
ここで流石に堀を下げたが、替わった玉井も二死後に適時打を浴びて2点差とされてしまった。
最終回のファイターズ打線は淺間と野村の安打で一発出れば逆転という好機を作るも、ここで登場の四番清宮が見事に三振、続く松本剛も打ち取られ試合終了。

序盤こそ打線がつながったが、その後は走者を出すも走塁ミスや併殺打等で追加点を奪えなかったのが終盤の逆転を招いてしてしまったとも言える。
それと、相変わらず好機に弱い清宮を四番に据えているのもどうかと。
育てたいという気持ちもわからないではないが、やはり確実性が高い野村のほうが今の時点では四番に合っているように思える。
とはいえ甲子園では清宮のほうが活躍しそうな雰囲気はあるんだよなぁ(汗)。

今日は活躍してくれよ!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す