ファイターズ連勝ならず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜広島で広島と対戦。
勝てばカード勝ち越しとなる試合だったが、先発の伊藤が打球を受けて負傷し途中降板し、緊急登板となった中継ぎ陣が踏ん張れず3-6で逆転負けを喫した。
伊藤は三回に打球が右足を直撃するアクシデントに見舞われるが、それでも四回まで無失点。
ところが1-0とリードして五回に入ると踏ん張りが効かなくなったのか2者連続で四球を与えてここで無念の降板となった。
後を受けた古川侑は安打を打たれて満塁とされ、次打者を打ち取ったところで交代。
ところが古川侑から替わった鈴木が連続で四球を与えてしまい2点を失い逆転されると、二死後にも死球を与えてまたまた押し出しで3失点目。
さらに走者一掃の二塁打まで打たれてしまい一挙に6失点で流れを完全に渡してしまった。
その後は鈴木と七回から登板の谷川が相手打線を1安打に抑え、打線も逆転された直後の六回に清宮と野村の連続二塁打で1点を返し、二死後にも宇佐美の適時打で1点を返したが反撃もここまで。
残念ながら敗れてしまったが、今川が猛打賞となる3安打、清宮と野村と宇佐美が2安打を放つ等打線は相変わらず好調で、この試合も伊藤のアクシデントが無ければ勝てていたかも。
今夜からの甲子園での阪神戦は勝ち越してくれよ!

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す