TAが駄目になったかな?

今日の昼食時に
「電話が使えなくなった。着信も発信も出来なくなった。」
という連絡が来た。
電話は守備範囲外なのだが、とりあえず症状を確認すると、
・受話器を上げると「ツー」という音は出る。
・回線を選択するボタン(1番と2番のどちらも)を押すと無音になる。
・外部から電話をかけると話中になる。
・回線を選ぶボタンで他の番号(3番と4番)を選ぶと発信は出来る。
ということが判った。
件の電話はISDN回線2本を2台のTAで受けてビジネスホンの主装置に収容している。
なので、上記の症状からTAの1台がハングしていると判断し、TAの再起動をして貰ったところ、着信が可能になった。
ところが、片方の回線からは相変わらず発信できないので、恐らくはTAがもう駄目になったものと思われる。
とりあえず発着信とも可能になったのでそのまま使ってもらうことにして、現在代わりのTAを探している。
つか、手元に古いTA(INSメイトV-6DSU)はあるのだが設定をするのに使うソフトが古すぎるせいかXp上ではどうやってもTAにアクセスできず設定が出来ない。
なんと設定ソフトの対応OSがWindows 95、Windows NT3.51、同4.0という素晴らしく古いOSなので、手元にあるPCでは正しく動作するかどうかすら怪しいという(笑)。
なので手元にあるTAが正常に動作するかどうかは現場で試してみるか、自宅にある古いThinkPadで試すしかないという。
#自宅にはWindows 95が入っているThinkPad 370CとThinkPad 230CSがある。
ホントは電話に関しては本職の電話屋さんに頼みたいんだけどねー。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す