2日連続で患者数が減少

札幌市が今日2/8に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は1,333人で前日の1,420人を下回った。
陽性率も前日より低下して45.3%だった。
療養終了者数が1,526人で前日同様新規陽性反応者を上回ったため患者数は前日より196人減の14,387人となった。
札幌で患者数が前日より減少するのは2日連続。
併せて患者3人(30歳代80歳代90歳代全て男性)の死亡も発表されている。

北海道では他に北海道発表分が1,123人、旭川市発表分が164人、函館市発表分が187人、小樽市発表分が72人の合計2,879人で2日連続で3,000人を下回った。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す