50%を超えた!

札幌市が今日2/7に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は昨日より減って1,420人だった。
集計対象が土日にかけてで検査数が少ないため陽性率は遂に50%を超える53.3%に達した。
患者数は療養終了者数が新規陽性反応者よりも多い1,592人だったために1/5以来およそ一か月ぶりに減少して14,583人となった。
併せて患者3人(80歳代90歳代の共に男性、年齢性別非公表1人)の死亡も発表されている。

北海道では他に北海道発表分が1,009人(道外6人を含む)、旭川市発表分が117人、函館市発表分が111人、小樽市発表分が30人の合計2,687人だった。
また患者4人(70歳代男性1人、80歳代女性2人、90歳代1人)の死亡も発表されている。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す