トワイライトエクスプレスも乗ってみたいなぁ。

大阪-札幌間の臨時寝台特急列車「トワイライトエクスプレス」に乗ってみたい。
札幌発の上り列車は森-大沼間は砂原支線を経由するので、夏の天気の良い日であれば内浦湾の景色を堪能できると思う。
大阪発の下りは同区間で本線を経由するので、上りと下りで運行距離が異なる(下り1,495.7km、上り1,508.5km)。
そのため(だけではないけど)運行時間も異なり、下りは約22時間上りは約22時間45分となっている。
また上りの運行距離は旅客列車としては日本最長となる(定期旅客列車は北斗星の1,214.7km)。
時間(とお金)がかかるのでなかなか乗る機会が無いが、そのうちに乗ってみたいなあ。
途中で経由する「日本海縦貫線」の中では「北陸本線」の区間の一部(福井-直江津間)しか乗ったことがないので、その他の区間に乗れるのも魅力だ。

今まで乗ったことのある長距離列車は20年以上前に熊本-東京間で乗った寝台特急「はやぶさ」(当時は西鹿児島始発)で、運行距離は1315.0km。
たしか熊本駅を16:45頃に発車し、翌10時過ぎに東京駅に着いたような記憶がある。
この時はまだ食堂車が連結されており、夕食はその食堂車でとったけど高かったなぁ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

2 comments to this article

  1. 千歳

    on 2011 年 6 月 27 日 at 12:17 PM -

    寝台列車の起点は、今や札幌ですね!
    こういう列車自体、移動の手段ではなくなっているので、何かあるとあっという間に消えて無くなりそうです。
    乗れる時に、早めに乗りたいですね!

  2. tan

    on 2011 年 6 月 27 日 at 2:13 PM -

    >千歳さん
     今や寝台列車での旅行は贅沢ですからねー。
     移動目的より乗車目的で乗る人の方が多いのでしょうね。
     一度は乗ってみたいものです。
     他には北斗星とかカシオペアとか・・・・・・・

コメントを残す