ファイターズ伊藤がルーキーイヤーで10勝目!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは千葉で千葉ロッテと対戦。
ファイターズ先発のルーキー伊藤が7試合ぶりに勝ち投手となりルーキーイヤーでの10勝(9敗)を達成した。

伊藤は1-0の四回に失点し一時同点に追いつかれたが、味方打線が勝ち越し点を奪った七回の裏まで無失点で抑えて勝ち投手の権利を得て降板。
打線は八回にも追加点を奪い3-1としたが、その裏に二番手投手の玉井が打たれて1点を失い再び1点差に。
それでも九回に打線が2点を奪って5-2と差を広げて逃げ切るか?と思ったが、簡単には勝たせてくれず、最終回に登板した杉浦がいきなり本塁打を打たれて5-3とされてしまう。
その後は杉浦がなんとか三人を打ち取り5-3でファイターズが勝ち伊藤は9/7の楽天戦以来7試合ぶりの勝利投手となり、ファイターズの新人としては2006年の八木 智哉(同年の新人王を獲得)以来の二けた勝利となった。
今季は打線のつながりが悪く、伊藤も良い投球をしていながらも打線の援護が無くて勝てなかった試合がいくつもあるので、八木が新人王を獲った2006年のようにチームがもっと勝っていたら勝ち星も多かっただろう。
それでも二けた勝ったし防御率も少し上がって2.90と2点台なのだからやっぱり凄いよね!

この勝ちでファイターズは今季の順位を5位で確定させ、最下位をなんとか逃れることが出来た。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す