ファイターズが大勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜札幌ドームで埼玉西武と対戦。
5位争いをしている西武が相手で、この連戦に連勝すれば最下位脱出となるので、この試合は非常に大切な初戦となった。

ファイターズは二回に1点を先制されるが、その裏にRロドリゲスの適時二塁打で逆転に成功。
さらに続く三回には近藤の適時打で1点を追加し3-1とリードを広げた。
その後、六回まで両チーム無得点で試合は進んだが、七回にファイターズ打線が爆発。
先頭打者の淺間の二塁打から始まり三連打でまず1点、一死後に高濱の適時二塁打でさらに2点、最後は清水の満塁本塁打が飛び出し、この回打者12人の6安打3四死球で7点を奪って試合を決めた。
先発のアーリンは五回を3安打1失点(自責0)で来日2勝目(2敗)をあげ、二番手のベテラン宮西は今季47試合(通算781試合)目の登板で13ホールド(通算371ホールド)目、三番手の堀が57試合目の登板で38ホールド目をあげている。

また、この試合でファイターズの西川が盗塁2個を成功させ通算308盗塁とし、歴代28位タイとなった。

この勝利で5位ライオンズとはゲーム差無しで勝率で2厘(0.002)差となり、今夜勝てば久しぶりの5位浮上となる。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す