ファイターズまたも逃げ切れず勝ちを逃す

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜埼玉で埼玉西武と対戦。
終盤に追いつかれて3-3で引き分けた。

ファイターズは初回に王の今季第8号2点本塁打で2点を先制する幸先の良い出だしとなった。
その裏に1点を返されるも三回にも王の適時打で1点を加えて再び点差を2点とした。
先発の伊藤は初回に1失点、五回にも走者を溜められ犠飛で1点を失うも5イニングで7安打3四球と苦しみながらも粘りの投球を見せた。
六回にはベテランの宮西、七回は若い堀がそれぞれ三人で抑えたが、八回に登板した井口が代わり端に連打を浴びて同点とされてしまう。
井口は今季29試合目の登板で5回目の失点(自責点が付くのは僅かに4試合のみ)。
逆転はされなかったが追いつかれたファイターズは九回の1イニングでは勝ち越せず3-3のままで引き分けた。

両チームとも走者を出すものの(ファイターズ7安打4四球、ライオンズ9安打5四球)、適時打が出ずに得点できないなんて如何にも最下位を争っているチーム同士の試合らしいな(苦笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す