最早”ファイターズ病”とでも呼べばよいのか?

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは那覇で福岡ソフトバンクと対戦中。
四回までに0-6と大量リードを許したが、五回以降は中継ぎ陣の踏ん張りで無失点に抑えている。
その間に打線に奮起して貰いたいのだけど、相変わらずの貧打で得点が奪えない。
特に七回には相手の失策と2安打で一死満塁の好機を作るも後続が凡退し無得点。
続く八回も一死から二塁打で得点圏に走者を送るも後続が凡退してまたもや無得点。
ここまで適時打が出ないのはもはや病気としか思えない。
いっそのこと”ファイターズ病”とでも名付ければよいんじゃないか?(呆)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す