高速道路無料化実験が終わるけど

東日本大震災の影響で高速道路の無料化実験と休日上限1,000円の料金割引が6/20 0:00をもって終了するとのこと。
と同時に東北地方の高速道路(を含む有料道路)の無料化が始まるが、対象となる被災者が自治体発行の証明書を見せると無料になるらしい。
この証明書の偽造対策ってどうなってるのだろう?
簡単にコピーできるような証明書なら大量に偽造されるんじゃないだろうかね?
写真貼付程度の対策なら偽造は簡単だろうしね。
証明書の真贋を料金所で判断するには限界があるだろうし、あまりに綿密にやると料金所渋滞を引き起こしかねない。
なにか電子的に証明できるような手段を講じるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す