ファイターズの上沢が今季初勝利!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは東京ドームで東北楽天と対戦。
昨日は中盤まで競り合ったものの打線が点を取れずに敗れたが、今日は初回から先手を取って逃げ切った。

初回に中田が相手先発の田中から今季初本塁打となる1号2点本塁打で先制すると、1点差に迫られた二回裏には石井が2019年7月23日のオリックス戦以来となる1号本塁打を放って3-1とリード。
中田は六回にもこの試合2本目となる本塁打を放って1点を追加。
投げては先発の上沢が七回まで3安打2四球7奪三振の1失点(自責1)と好投しリードを守る。
八回は宮西、最終回は杉浦がそれぞれ三人で打ち取って試合終了、4-1でファイターズが勝ち連敗を止めた。
上沢は今季4試合目の登板で初勝利(1勝2敗)、宮西が6試合目で4ホールド目(1勝)、杉浦が7試合目で4セーブ目をあげている。

ファイターズの本塁打はこの試合の前まで僅か2本だったが、一気に5本に増えた・・・が、それでもダントツでリーグ最低であることに違いは無い(次に少ないのはオリックスの11本なので半分にも満たない)。
この試合は四番が今季初めて仕事をしたが、この後は調子を上げてチームの勝ちにつながる仕事をして欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す