ファイターズ逃げ切れず!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは大阪でオリックスとの三連戦最終日。
先発の加藤が初回に本塁打を打たれて1点を先制されながらも八回をその1点のみに抑える力投。
打っては七回に清水の同点適時打と、プロ入り6年目で今季初出場の代打郡の適時打で逆転、郡はこれがプロ入り2本目の安打で初打点。
さらに八回にはプロ入り7年目の高濱のプロ入り初本塁打と樋口の適時打で2点を追加した。
そのまま逃げ切れば三連勝となるところだったが、最終回に登板した玉井が誤算。
一死後に死球を与え、さらに二死後に3連打と自らの暴投で3点を失い同点とされてしまい三塁に走者を残して降板。
一打サヨナラの危機だったが、救援した井口が最後の打者を打ち取り引き分けで試合終了。
追い付いての引き分けでは無く反対に追い付かれての引き分けなので半分負けた感じ。
明後日からの埼玉西武戦には気持ちを切り替えて臨んで欲しい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す