腕時計(の針)が止まっていた

今朝方目を覚まして枕元に置いてある腕時計を見ると3時を少々回った頃になっていた。
昨夜寝たのが23時頃だったので4時間ほどしか寝ていないのか、と思ったが目覚まし時計代わりにしている古い携帯電話(NECのN502it)を開くと目覚ましが鳴る時刻の1分前だった。
ビックリして再度腕時計を見ると見間違いでは無く針は3時過ぎを指している。
目を凝らしてデジタル部分を見ると携帯と同じ時刻を表示しているので、どうも寝ている間に針だけが止まっていたらしい。
近くにはスマートフォンを置いてあり、そのケースに仕込まれている弱い磁石の影響で止まっていたのかなぁ???
針の合わせ方なんて覚えていないので、メーカーサイトから取説をダウンロードして合わせたけど、最初は驚いたなぁ(汗)。

私の時計はCasioの電波時計”wave ceptor WVA-M480”で、ムーヴメント裏面に刻印されている取扱説明書番号(四角に囲まれている3桁ないしは4桁の番号)は”4709”。
この機種の場合の合わせ方は
・Bボタン(モードスイッチ、左下のボタン)を押してハンドセットモード(H-S表示)に切り替える。
・Aボタン(ライト点灯ボタン、右上)を3秒間押し続けて時刻設定モードにする。
・Cボタン(表示切替スイッチm右下)を押すと1/6分単位で針が進むので、デジタル部分に表示されている時刻に合わせる。
押し続けると連続で針が進み、その間にBボタンを押すとCボタンを離しても針は進み続ける。
目的の時刻の手前でボタンのどれかを押して進行を止め、最後は1回ずつ押して目的の分ちょうどに合わせる。
・Aボタンを押して時刻合わせモードを解除するとその時の”秒”に合う様に針が微妙に進んで時刻合わせ終了。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す