タイヤを新調した

車の冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)を新調した。
今年の春まで装着していたタイヤは4年が経過しプラットホームが出てきて冬用としては使えなくなったため。
今回新調するにあたって国産にするか最近評判が良くなってきている輸入品(アジアンタイヤ)にするかでかなり迷った。
性能だけで判断するならブリヂストンの「ブリザックVRX2」とか横浜ゴムの「iceGUARD 6」とかダンロップの「Winter Maxx 03」とかを選べば間違いないが、これら国産タイヤの最上級品は値段も相応に高い。
反対に価格だけで見ればアジアンタイヤということになり、安いものだと実売価格が先に上げた国産タイヤの4割以下の製品もある。
私も一度大手の自動車用品店(スーパーGT等のレースにもチームとして参戦しているチェーン店)に見に行ったところ、ウチの車のサイズ(185/65R15)で国産タイヤだと1本14,000-17,000円もするのに対し、アジアンタイヤだと1本5,000円台だった。
ネットでの価格だと国産タイヤはもう少し安くはなるが、やはりアジアンタイヤが格段に安いので国産タイヤの半分の期間しか使わずに買い替えてもコストは低いか悪くても同程度になりそうで、これは非常に魅力的。
レビューを見てもアジアンタイヤの性能は以前ほど悪くは無さそうなんだけど、やはり国産タイヤには劣るような印象を受けたし、中にはロードノイズが酷いと評されている製品もあった(時々札幌と帯広を往復するので高速道路で煩いのは嫌だった)。
よほどひどい製品を選ばない限り昨年の冬に装着していた国産品(ブリザックREVO2)よりはマシなんだろうけど、今回は考えた結果国産品にすることにしてショップに行ってきた。

昨日は時期が時期だけに店内にはスタッドレスタイヤを買いに来たと思われる人で混雑していて受付の前には列が出来ていた。
前の人に対するお店の方の説明を聞いているとやはり国産品を選ぶ人が圧倒的に多いようで私の心も決まり、残るはどのメーカーのどの製品を選ぶのか?ということになった。
自分の番が来て製品を選ぶことになり、下記の3製品の金額を出して貰った。
・ブリヂストンの「ブリザック VRX2」
・横浜ゴムの「iceGUARD 6」
・ダンロップの「Winter Maxx 03」
この内、「iceGUARD 6」以外の2製品は他でも見積もりを出して貰っていて、量販店でも金額をチェックしていたが、このお店が一番安かったのでここで買うことにして、最終的には3製品の内で最も安い(しかも最も新しい)ダンロップの「Winter Maxx 03」に決めた。
組み替え等の作業は当日中は難しいかと思っていたが、なんとか夕方には可能ということだったのでそれでお願いして支払い手続きをしていったん帰宅。
17時前に連絡が来たので再度お店に行き交換作業をして貰った。
お店から帰る際に感じた感想は別記事で書こうと思うが、これで車の冬支度は完了・・・と思ったらワイパーが夏用のままだった(汗)。
こっちも今年は買い替えた方が良さそうだなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

コメントを残す