ファイターズが逆転で三連勝!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで埼玉西武と対戦。
六連戦中の五戦目でファイターズの先発はエースの有原。
勝てば今季2回目の三連勝と言うこの試合でも有原がピリッとしない。
初回に先制点を奪われるも二回に渡邉の3号2点本塁打で逆転。
ところが前述したように有原がピリッとせず、直後の三回表に自らの暴投で走者を出し適時打と本塁打で計3失点。
さらに五回にも3安打や犠飛で2点を失い合計6失点でこの回限りでマウンドを降りた。
打線は六回まで渡邉の本塁打による2点しか取れていなかったが、七回に猛攻を見せて一挙に5点をあげて逆転に成功。
八回と九回の相手の攻撃を今季好調の堀と玉井が抑えて7-6で勝ち三連勝で開幕3試合目(相手は同じく西武)以来の貯金1とした。
勝ち投手は七回に3番手で登板した井口で今季14試合目の登板で初勝利(プロ通算3勝目)、最後をイニング跨ぎで締めた玉井がプロ入り4年目にして初セーブを記録している。

ちょっと気になるのが堀の調子で、前の試合で救援登板した直後に四球を連発して押出しで相手に点を与えてしまい(失点と自責点は前に投げていた秋吉に付いた)、今日の試合でも今季初めて連続安打を打たれ、犠打と四球で満塁としてしまい、一打逆転の危機を作ってしまった。
直後の打者(左打ち)は三振に打ち取ったが、次打者が右打ちということもあってその後は玉井に後を託す形で降板。
味方が逆転した直後なので、ここはしっかり3人で抑えて欲しいところだったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す