DDR3-Lのメモリがあった

ユーザーのPC(DELLのOPTIPLEX 3040SFF)のメモリがまさかのDDR3-Lで増設を諦めていたが、その後回収したPCを開けてみたところ同じDDR3-Lのメモリを入れてあるPCを発見。
しかも4GBのモジュールが2枚入っていたのでそれを外して使うことにした。
業務終了後に件のPCを開けてみると2GBx2枚の構成では無く、4GBが1枚の構成だったので用意した中の1枚だけを入れた。
動作確認のために電源を入れてみるとBIOSがメモリを交換したとの警告を出してきたが無事に起動・・・とはならずHDDが無いとの警告が出た(汗)。
思い返してみると小型の筐体のためメモリスロットにアクセスするためにHDDの電源とデータケーブルを抜いていた(汗)。
ケーブルを接続し直して電源を入れると無事に起動し、OS(Windows10Pro64bit)上でも8GB実装と認識された。
これでユーザーの使い勝手も良くなるし、OSのアップデートもちゃんと出来るようになったと思われる。
いやぁ、それにしてもまさか同機種以外にDDR3-Lを入れてあるPCがあって助かったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す