ThinkPad T60を引っ張り出した・・・が?

9年前に中古(ジャンク?)で購入し、いろいろと改造というかパーツ交換を経てWindows7Proを入れて使っていたが、段々と動作が重くなって使わなくなっていたThinkPad T60(1954-G2J)を久々に引っ張り出した。
今となっては低スペック(CPU:Core2Duo T5600、メモリ2GB:最大3GB)なのでWindows10へのアップグレードは端から考えていなかったが、最近知った動作の軽いLinuxディストリビューション「SPARKY Linux」を入れればまだまだ使えるのでは?と考えた。
そこで久々に引っ張り出して起動してみたところ、トラックポイントを動かすと動作が止まってしまうようになってしまった。
HDDに入っていたOSでも止まるし、「SPARKY Linux」インストール用CDから起動した「SPARKY Linux」でも同じなのでソフトウェアが原因とは思えない。
最初はメモリの不良も疑ったが、2枚入っているメモリを交互に抜いても変わらないので、本体(=システムボード系)の問題では無いかと思っている。
うーん、動けばSXGA+(1400*1050)の解像度の画面で「SPARKY Linux」を使えるようになると思ったんだけどなぁ、、、(汗)。

この記事を書いた後で「ThinkPad T60 トラックポイント 動作が止まる」で調べてみるとバッテリーが消耗しきって使用不可になっているとフリーズするということがあることが判った。
私のT60のバッテリーも使用不可なので試しに取り外してみるとトラックポイントを動かしてもフリーズしなくなったのでインストールを始めた。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す