More from: ThinkPad T60

ThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした

昨日記事にしたThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした。
バッテリーを外したらフリーズすることが無くなったので安心してインストールしたところ、やはり低スペックのためかインストールには結構な時間がかかってしまったが無事にインストールが終了。
今回はインストール時に無線LANの設定を済ませておいたので、インストール後の最初の再起動にそのまま追加の言語パッケージ等のインストールを実行できたので楽だった。
言語パッケージ等の追加インストールにも結構な時間はかかったもののエラーも無く無事に終了。
早速追加されたFirefoxを起動してsyncの設定をしてブラウジングをしてみると結構快適。
コンソールからtopコマンドで使用メモリ量を見るとやはり数百MBと少なく、実装2GBでも問題無いことが判った。
バッテリーが駄目になっているのでACアダプタは欠かせないが、FRU No.は異なるが互換性のあるThinkPad R61のバッテリーを付けてみると問題無く動作したので、しばらくはこのまま使えそうだ。
となるとR61のバッテリーをどうするか?ってことになるが、WUXGAの液晶にライン抜けが出てきて使っていないR500も互換性があるから、こちらから移植しようかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IBM/FRU 92P1141 40Y6799 互換 バッテリー
価格:3278円(税込、送料別) (2020/6/29時点)

しばらく見ない内にT60用の互換バッテリーも随分と値段が下がっているなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad T60を引っ張り出した・・・が?

9年前に中古(ジャンク?)で購入し、いろいろと改造というかパーツ交換を経てWindows7Proを入れて使っていたが、段々と動作が重くなって使わなくなっていたThinkPad T60(1954-G2J)を久々に引っ張り出した。
今となっては低スペック(CPU:Core2Duo T5600、メモリ2GB:最大3GB)なのでWindows10へのアップグレードは端から考えていなかったが、最近知った動作の軽いLinuxディストリビューション「SPARKY Linux」を入れればまだまだ使えるのでは?と考えた。
そこで久々に引っ張り出して起動してみたところ、トラックポイントを動かすと動作が止まってしまうようになってしまった。
HDDに入っていたOSでも止まるし、「SPARKY Linux」インストール用CDから起動した「SPARKY Linux」でも同じなのでソフトウェアが原因とは思えない。
最初はメモリの不良も疑ったが、2枚入っているメモリを交互に抜いても変わらないので、本体(=システムボード系)の問題では無いかと思っている。
うーん、動けばSXGA+(1400*1050)の解像度の画面で「SPARKY Linux」を使えるようになると思ったんだけどなぁ、、、(汗)。

この記事を書いた後で「ThinkPad T60 トラックポイント 動作が止まる」で調べてみるとバッテリーが消耗しきって使用不可になっているとフリーズするということがあることが判った。
私のT60のバッテリーも使用不可なので試しに取り外してみるとトラックポイントを動かしてもフリーズしなくなったのでインストールを始めた。

←クリックしてくれると嬉しいです。