大きすぎて売れてないみたい

先月発売になった超大型のCPUクーラー「スサノヲ(SCSO-1000)」はあまり売れていないらしい。
下の写真でもその大きさが想像できるかと・・・・・・
サイズ 超巨大CPUクーラー SUSANOO スサノヲ SCSO-1000
B004MUIHYK
まぁ、10cmファンを4個搭載しているというだけでもその大きさが想像できると思うけど、単純計算で縦横それぞれ20cm以上あることになり、さらにヒートシンクの高さもあるしそこから延びるヒートパイプも12本もあるので、取り付けられるマザーやケースもかなり限定されるクーラーだ。
実際には縦横が21cm、全体の高さが16cmにもなるので、幅の狭いケースでは収まりきらないし、入ったとしてもビデオカード等と干渉する可能性があり、さらに重量が1.5Kgを超えるのでケースへのマザーボードの固定を9点で行うことが取り付けの条件となっている(なので対応マザーボードはATXのみとなっている)。
これだけ大きいヒートシンクだと低TDPのCPUならファンレスでも冷却可能では無いかと思うけど、誰か実験してくれないかなぁ(爆)。
TDP45-65W級のCPUをファンレス稼動させられるくらいなら新たな需要が見込めるかもしれないな。
横置きケースならマザーボードの歪みも少ないだろうから取り付け条件も多少は緩和されるかもしれないし、ディスプレイ出力はチップセット内蔵を使用とかで拡張スロットを使わないサーバー用途になら良いかもしれない。

それにしてもデカイなぁ、、、、、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す