ファイターズ、辛くも引き分け・・・

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日札幌ドームで東北楽天と対戦。
初回に1点を先制されるも直後の一回裏に近藤の適時三塁打等で3点を取って逆転。
二回にも西川の適時打で4点目を追加し、そのまま勝ってくれるかと思ったが、三回に1点を取られて4-2とされてしまった。
ここは先発の金子から替わった公文がしのいでくれそのまま試合は終盤へ。
ファイターズベンチは公文-玉井とつないで七回は堀を投入。
ここ7試合連続で無失点だった堀だが、一死後に四球で走者を出すと二死後には同点の2点本塁打を打たれてしまってファイターズは追いつかれてしまった。
その後はなんとか抑えて勝ち越されることは防いだが、なんとも悔やまれる”一球”だった。
試合は両チームとも無得点で進み、九回表のマウンドには秋吉が送られた。
この秋吉は登板の度に走者を出すことが多く、1イニングを3人で抑えたのは前の試合が10試合ぶり。
この試合でも例に漏れず先頭打者にいきなり二塁打を打たれ、犠打で一死三塁とされてしまい勝ち越される危機を招いてしまう。
次打者に四球を与えると続く打者は同点の2点本塁打を放っている選手ということもあってか敬遠で歩かせて満塁策を取った。
ここは秋吉が踏ん張って2者連続三振で無失点で切り抜けることが出来たのは良かった。
その裏のファイターズの攻撃は三者凡退で終わり試合は延長戦に突入。
十回表のマウンドには村田が登り、安打を打たれながらも後続を断ち得点を許さない。
打線も走者を得点圏に送るものの、連敗中と同じで”あと一本”が出ず結局延長十二回引き分けに終わった。
十回裏には無死一二塁と絶好のサヨナラの好機があったが、三者連続で三振に切って取られたのは痛かった。
前日にようやく連敗を止め、これから逆襲と行きたかったところの”追いつかれての引き分け”は負けに等しいと言えるかも?
それでも負けなかったことは評価できるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す