「はやぶさ2」のターゲットマーカー投下成功を確認

JAXAは小惑星「リュウグウ」近傍で探査活動中の探査機「はやぶさ2」が先月(5/28-30)のターゲットマーカー投下(PPTD-TM1A)の結果、予定地点から3mの場所に投下されたことを確認したと発表した。
これを受けて、今日からは二度目の着陸に向けターゲットマーカーを基準に人工クレーター付近の観測を目的としたミッション(PPTD-TM1B)を開始した。
予定では既にホームポジションからの降下(0.4m/Sec)を開始しており、明日6/13の10:57頃に最も降下し(およそ10m以下)、そこから上昇に転じるとなっている。
一回目のターゲットマーカーの投下が不首尾に終わっていれば今回の降下で再度投下の予定だったが、その必要は無くなったと判断し、明日は観測のみとする。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す