ファイターズ、連敗脱出!

北海道日本ハムファイターズは神戸でオリックスと対戦。
福岡で連敗しているので、今日はなんとしても勝って連敗から抜け出したいところ。
ファイターズの先発は有原で、この有原が序盤から好投し四回まで一人も塁に出さないパーフェクトピッチング。
打線もこれに応え、四回表に一死一三塁からレアードの犠飛で1点を先制。
有原は五回に先頭打者から二者連続で安打を許すが後続を打ち取り無失点。
七回表には西川に適時二塁打が出てファイターズはリードを2点に広げた。
有原は六回と七回も三人ずつで切って取り完封ペースだったが、八回に先頭打者に本塁打を打たれ1点を失った。
それでもこの回も後続を塁に出さず最少失点で切り抜けた。
結局、有原は八回を被安打3、無四球、9奪三振の1失点で投げ、最終回は立ち直った石川直が四球1個をだしたものの無失点で抑えてファイターズが勝利。
前の試合が無得点、この試合も僅か2点と打線が湿り気味だが、その少ない得点を投手陣が守り切って勝ったというのは今のファイターズにとっては大きいと思う。
今年のファイターズは有力投手が二人も抜けたので投手陣に不安があるが、今日の有原はその不安を少し取り除いてくれたな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す